FC2ブログ
インフォメーション
スクールからのお知らせ

124期: 11月20日スタート!
途中入会も可能です。
体験レッスンは1コイン500円で随時受付けています!

1年以上前に退会されていた方は
【おかえり割】を実施中です!
1万円引きで再入会できます。


お気軽に足をお運び下さい♪





☆アルバイトコーチ募集中!
テニス好きな高校生・大学生集まれ~♪
プロフィール

佐藤コーチ

Author:佐藤コーチ
(株)ワールドテニスアカデミーのコーチです
ホームページは↓から
稲穂ローンテニス倶楽部

応援してください!
ブログランキング
 

2018年11月25日(日)
スライスショット

 
27日(火)から2週目のレッスンです。
何かと忙しくなる12月が近づいていますのでお振替も進めてください。

今季の目標「スライスショットを覚えよう」はいかがでしょうか?
レッスンを見ていますとボールの下部分に当たり少し高く飛んでいるようです。
スイングの軌道で意識したいのはボールの真後ろを捕らえる為に地面に平行にスイングすることです。
th.jpg

今週は少し意識を変えて打ってみましょう♪


 
 

2018年03月13日(火)
フォアハンド

 
今週は6週目のレッスンです。
20180312_081617.jpg

「フライングエルボー」
ゴルフをされる方は聞いたことがある言葉だと思います。
ゴルフではテイクバックの際に厳禁のようですが、テニスの場合は〇です。

フェデラー(グリップ薄)とジョコビッチ(グリップ厚)のフォームを参考にどうぞ。

①両手でターン
スクリーンショット1 ジョコビッチ1 (2)

②フライングエルボー
スクリーンショット2 ジョコビッチ2 (1)

③脇を開けたままラケットバック
スクリーンショット3 ジョコビッチ3 (2)

④スウィング開始
スクリーンショット4 ジョコビッチ4 (1)

 
 

2018年02月12日(月)
フォアハンドの見直し

 
おはようございます。今週は2週目のレッスンです。

今期の技術目標はフォアハンドストロークの見直しです。
トップスピンをかけて安定したラリーができるようになりましょう。
20180212_070056.jpg

ストロークはネットを高く越えてベースライン内に落とせばよいのですが、

20160714052641.jpg

ベースライン中央付近からネットセンターベルトの上を通過させるとして、およそ腰の高さの打点からネット中央部の2倍、約1.8mの高さを通すボールの打出し角度は 計算上 約5度です。たったの5度です!
つまり、"水平 +5度" の打出し角度があればネットの2倍の高さを通過するということですね。

ラケットを前に振ることと、回転をかけようとラケットを持ち上げることは、力のかかる方向が違うので両立させることが難しいです。
皆さんは、回転をかけようと下から上にこすりすぎてはいませんか?
今期のレッスンではそこを直していきます。
がんばりましょう!


 
 

2017年11月05日(日)
寒い朝はストレッチがおススメ!

 

今週(11月7日~)は9週目のレッスンです。
引き続きガット張りセールを行っています。
半年以上経過して切れていない方は張り替えましょう!
ガットを張り替えるだけでボールの弾きが明らかによ良くりますよ!



冬は寒くてなかなか起きれない!

寒いために布団からなかなか出られないということをよく聞きますがどうしてでしょうね。

ちょっと調べてみたところ・・・

朝の太陽の光は目覚めを促すのに不可欠ですが、冬は日の出時間が遅く日照時間も短いため、その恩恵を受けにくくなり、さらに気温も低いため、朝になっても体温がうまく上がらず、起きづらくなってしまうそうです。

そんな方は朝起きたらちょっとしたストレッチを
効果的に身体を目覚めさせるためのストレッチを行うと筋肉からの神経刺激が、脳の活動を活性化してくれるそうですよ。
①上体反らしストレッチ
05.png
・うつ伏せになり、両手のひらを肩の前に置く。
・腕を伸ばして上体を持ち上げ、お腹から胸にかけて伸ばす。同時に、大きく息を吐く。
・3回ほど繰り返す。

②ブラブラ体操
061.png
・ベッドで横になったまま、手足を上げてブラブラさせる。
・身体が目覚めはじめたら、座った姿勢に変え、深呼吸しながら背中や肩など大きな筋肉のストレッチを行う。

明日からやってみましょう~
 
 

2017年09月03日(日)
末端ではなく体幹を動かすとは?

 

今週(9/5~)は10週目のレッスンです。
来期118期のご継続手続きをよろしくお願いいたします。
また115期の私用の振替カードは今週中にご使用ください。

先週に続き今週も「一言」技術論です。


ストロークでもボレーでも安定しない方はどうしてもラケットヘッドから先に引きがちです (`o´)

そんな方は下の○画像のように上体を捻る際にはグリップを動かすようにラケットを引いてみると良いですよ!

下の×の画像は上体の捻りよりもラケットヘッドが大きく動いています。
この引き方だと打ち終わった後にラケット面が下に向いてボールが安定しませんね (´・_・`)

例)フォアハンドボレー
vol04_08.gif
 
 
 
最近の記事
コメントありがとうございます
平日レッスン風景
イメトレしよう!
ジョコビッチのFハンドストローク
イメトレしよう!
錦織の両手Bハンドストローク
イメトレしよう!
フェデラーの片手Bハンドストローク