BIG4の顔の向き

前回ジョコビッチとフェデラーのFハンドの違いを解説しましたがある興味がわいてきました。

「トッププロのフォームはどこが違うんだろうか?」
そういえば・・・顔の向きが違う!?
そこで今回は、Big4と呼ばれる男子世界ランキングTop4のFハンドのインパクトの瞬間の画像を載せます。

顔が前を向いているジョコビッチとマレー
二人は肘を曲げるダブルベンド型ですね。

images1.jpegimages3.jpeg


顔が横を向いているフェデラーとナダル
こちらの二人は肘を伸ばすストレートアーム型です

stocks_4905_1.jpgimages2.jpeg


同じオープンスタンスでも、ダブルベンド型とストレートアーム型では軸足のつま先の向きと腰の向き(骨盤)、それに伴う両肩の可動域、そして打点が関係してると考えられると思います。

詳しく調べてみる必要がありますね・・・



関連記事

コメント


管理者のみに表示